病院概要

理念・基本方針

理念
信頼と満足の得られる全人的医療の提供。
患者さん中心の医療
安全医療の推進
地域に密着した連携医療
たゆまざる質向上と自己研鑚
健全経営の確保

ごあいさつ

掃本誠治
病院長 掃本 誠治

 令和3年度が始まりました。年度の初めは人の流れが大きく組織の改編もあり、個人も組織も期待に夢を膨らます時期ですが、今年も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を払拭できない中でのスタートです。ワクチンの接種が始まり徐々に多くの人に行き渡れば、収束はそんなに遠くないと思いますが、COVID-19により亡くなられた方、ご遺族の方に心からお悔やみ申し上げますとともに、今もなお闘病されている方々に心よりお見舞い申し上げます。

 当院では、新型コロナウイルス感染症に対して、昨年4月から入院、外来(発熱外来)におきまして自治体病院として与えられた役割を果たして参りましたが、行政(保健所を含めまして)、高次医療機関、医師会等の皆さまには大変御世話になりました。この場をお借りしましてお礼申し上げます。感染の不安が常にある中で、全職員に感染対策を念頭に置いた行動が求められ、いつしかそれが当たり前のようになりました。引き続き、新型コロナのみならず、一般診療を含めまして全職員、感染対策にあたりながら診療・業務にあたる所存です。

 新型感染症の拡がりで一般企業ではテレワーク、在宅勤務、医療でも遠隔医療・診療が進む中、医療の現場は看護師、医師、メディカルスタッフ、事務等の“ひと”が病棟、外来にいないとどうしようもない職域であり、現場での“ひと”の動きが重要です。ただ、ご家族の面会制限には心が痛みました。他施設でも行われていることですが、病棟にWi-Fiを繋げてタブレット型コンピュータ(iPad)を配置して、遠隔のご家族のスマートフォンと患者さま側のiPadと“リモート面会“を始めました(高齢者でも看護師のサポートにより可能です)。本来はコロナ禍が収束し対面に勝ることはないですが普及を期待したいと思います。

 さて、診療に移りますと、4月から新たに4名の常勤医師が着任致します。増員として、呼吸器科 鈴村智子先生、代謝・糖尿病科 櫻田郁先生、循環器科 福田仁也先生、交代として消化器外科 松本千尋先生です。また、非常勤ですが、腎臓内科専門外来を開設致します。熊本大学病院各講座の教授先生、医局長先生のご支援に感謝申し上げます。受入可能な患者さまを積極的に受け入れ、出来ることと出来ないことを区別して市中心部の高度急性期病院と地域の橋渡し役として活躍を期待しています。

 昨年度は、救急診療部を立ち上げ訪問看護ステーションを独立させました。いずれも、コロナ禍の中、感染対策を十分に行いながら地域医療に貢献しています。また、くまもとメディカルネットワーク、脳卒中地域連携パスに加わりました。今年度は心不全療養指導士が5名認定されます。心不全患者においては急性期から亜急性期、慢性期に至るまで、入院・外来治療、リハビリテーション、食事・運動・薬剤などの生活指導、訪問看護など切れ目のない心不全管理が必要ですが、当院では看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士等の心不全療養指導士資格を有するスタッフと循環器専門医の多職種による介入でいわゆる“心不全パンデミック”に対応致します。

 当院医療圏の人口動態推計では、人口の微減に対し高齢化率の上昇により(2025年予測35%)、慢性疾患の増加、要介護・要支援者の増加が見込まれます。高度急性期病院からの患者受入による慢性期の医療、看護、リハビリである従来の水平分業型役割を発展させながら、着任当初から掲げる“地元でできることは地元で”の方針に則り、近隣開業医さまとの連携を深めて急性期から慢性期の入院医療、訪問看護、緩和ケア等を通して切れ目のない医療・看護を提供する垂直統合型医療も必要と考えます。当院の基本理念である信頼と満足の得られる全人的医療の提供を忘れず、全職員(看護、医療、メディカルスタッフ、事務、委託部門の全てを含めて)一年を通して地域の保健・医療・福祉に貢献したいと存じますので、今年度も皆さまのご指導・ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

病院概要

名称 熊本市立植木病院
所在地 〒861-0136 熊本県熊本市北区植木町岩野285-29
開設者 熊本市長  大西 一史
敷地面積 14,111.49㎡
延床面積 10,564.27㎡
駐車スペース 185台、障害者用3台
診療科目 内科・外科・循環器内科・整形外科・脳神経外科
診療指定 救急告示病院
労災保険指定医療機関
労災保険二次健康診断等給付指定医療機関
生活保護法による指定医療機関
結核予防法による指定医療機関
被爆者一般疾病指定医療機関
障害者自立支援法に基づく指定自立支援医療機関
熊本県肝炎治療特別促進事業に係る指定医療機関
施設基準(基本) 一般病棟入院基本料6
療養病棟入院基本料2
診療録管理体制加算
医師事務作業補助体制加算
急性期看護補助体制加算
療養環境加算
療養病棟療養環境加算1
医療安全対策加算1
感染防止対策加算2
総合機能評価加算
後発医薬品使用体制加算1
データ提出加算
地域包括ケア入院医療管理料2
患者サポート体制充実加算
入退院支援加算2
認知症ケア加算3
施設基準(特掲) 入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
ニコチン依存症管理料
がん治療連携計画策定料
肝炎インターフェロン治療計画料
薬剤管理指導料
検体検査管理加算(Ⅰ)
検体検査管理加算(Ⅱ)
遠隔画像診断
CT撮影及びMRI撮影
外来化学療法加算2
無菌製剤処理料
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
集団コミュニケーション療法料
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
輸血管理料(Ⅱ)
輸血適正使用加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
酸素の購入単価
がん患者リハビリテーション料
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
医療機器安全管理料1
施設認定 日本医療機能評価機構認定病院
日本外科学会外科専門医制度修練施設(関連施設)
日本消化器外科学会専門医制度修練施設(関連施設)
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
循環器に関する更正医療(身体障害者福祉法による医療費助成)指定医療機関
日本整形外科学会整形外科専門医研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
糖尿病学会認定教育施設Ⅱ
日本肝臓学会肝臓専門医制度特別連携施設
日本循環器学会循環器専門医研修施設
許可病床数 141床(一般88床、地域包括14床、医療療養39床)
主な医療機器・設備 DSA血管造影装置、MRI、CT、DR-TV装置、CR一般撮影装置、マンモグラフィー、骨密度測定器、超音波診断装置、ビデオ内視鏡システム、検体検査室、生理検査室、作業療法室、運動療法室、物理治療室、健診室、ドック宿泊室、中央処置室、救急処置・診察室、手術室、中央滅菌・材料室、地域医療連携室、コージェネレーションシステム
主な医療外設備 食堂デイルーム、回復室、介護浴槽(5F)、カンファレンスルーム

その他

健康診断

①企業健診、②生活習慣病予防健診、③人間ドック(総合健診含む)、④特定健診、⑤一般健診、⑥熊本市からの委託分の健診(胃がん(胃内視鏡)検診、大腸がん検診、肝炎ウィルス検査)を行っています。

予防接種

一般の方の肺炎球菌ワクチン、インフルエンザの予防接種を行っています(原則、予約制となります)。

インフォームドコンセント指針