消化器内科

特徴・特色

消化器内科では、消化管疾患(食道・胃・小腸・大腸)、肝臓・胆嚢・膵臓の疾患の治療を行っております。消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・腹部エコー・CT・MRIを用いて、総合的に診断していきます。

消化管の疾患では、胃もたれや食欲不振、嘔吐、吐血・下血など、様々な症状が見られます。内視鏡は検査だけでなく、ポリープ切除や早期悪性腫瘍の切除の内視鏡治療も行っております。
朝食を摂らずに早めに受診していただければ、基本的には当日胃カメラが可能です。また、言語聴覚士と連携し、嚥下内視鏡を行い、必要な方には胃瘻造設術も行っております。

肝臓については、B型肝炎・C型肝炎の治療実施医療機関であり、治療を一貫して行うことができます。
メタボリックシンドローム・脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎)の生活習慣病も、代謝内科と連携して治療を行います。
その他、胆石症・膵炎等、他科と連携を取りながら、治療を行っております。

スタッフ紹介

診療部長

三原 通晴

専門分野
消化器内科
所属学会
日本内科学会:認定医
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会:専門医・指導医
日本肝臓病学会:専門医
日本消化器がん検診学会
日本超音波学会
日本大腸・肛門病学会
日本臨床腫瘍学会
医員

豊田 直以

専門分野
消化器内科
所属学会
日本内科学会:認定医
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会

治療実績

内視鏡検査件数(26,27年度)

内視鏡検査件数(26,27年度)