植木病院

各部門紹介

看護部

外来(看護部トップ

昨今の医療情勢から早期退院が進むことにより、療養の場が在宅や地域へと移ってきており外来看護師の果たす役割はますます大きくなっています。外来看護師は各ブロックで受診される方の診療の補助、内視鏡検査の介助、血管造影室にて行われる血管塞栓術の介助、中央処置室では採血や注射、検査後の見守りや説明等を行います。また救急担当者は即時に対応できるようにPHSを持ち勤務しています。さらに手術や健診を担当するスタッフがいます。現在13名の看護師がいますがそれぞれの担当分野は専門性が要求され、緊張の連続ですが自己研鑽に努め、安全な医療を提供する一員として互いに協働しながら患者様に満足して頂ける看護を提供したいと頑張っています。

 外来では、思いやりのある看護を目標に、看護の継続・事故防止・職員のキャリア開発を目指しながら、日々の業務にあたっています。現在、外来と病棟を一元化する制度(病棟と外来の両方に勤務する看護師が居る)を取り入れています。今後、待ち時間の短縮、療養相談の取組に力を入れていく予定です。

〜外来診察は以下のように行っています〜
外科ブロック 外 科 一般外科に広く対応していますが、特に肝臓、胆嚢、甲状腺、乳房の疾患に対する検治療では症例も多く、効果を上げています。外来での抗ガン剤治療、慢性肝疾患等の薬剤(注射)治療をされる方は、待ち時間を短縮しての治療にあたっています。身体の異常を感じられた場合は早めの診察・治療においで下さい。
整形外科 四肢骨折、腰痛、筋肉痛、関節炎等の治療を行っています。リハビリとの連携で、治療効果をあげています。身体障害者の認定も行います。
脳神経外科 脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞後の後遺症、脳動静脈奇形)、頭部外傷後の後遺症、脳腫瘍の術後管理や機能性脳疾患(顔面けいれん、三叉神経痛)などの脳神経疾患全般に対応し、外来日は月・火・金としています。
内科ブロック 内 科 特に代謝内科、消化器内科を中心に診察を行う他、一般内科疾患の診察・治療を行っています。現在は、糖尿病、高血圧、高脂血症等の生活習慣病の予防・改善に力をいれています。
循環器科急性心筋梗塞、狭心症を初めとした心疾患の診断・治療を行っています。手術・検査では、心エコー、ペースメーカー植え込み術およびその管理等を行っています。動悸がする、胸苦しいといった症状のある方には早期の循環器科受診をおすすめ致します。
中央処置室 外来患者さまの点滴、注射・採血は中央処置室で行なっております。
救急外来 急患や救急車の対応は、救急外来で、一般外来とは別に診察、治療を行なっています。


外来フロアー 待合室 診察室

中央処置室受付 救急外来受付 救急処置室

診療科別外来患者数(26,27年度)



救急外来受け入れ状況(26,27年度)


熊本市立 植木病院熊本県熊本市北区植木町岩野285-29 TEL:096-273-2111 FAX:096-272-2117