植木病院

各部門紹介

診療技術部

診療放射線部                              診療技術部トップ

一般にレントゲン検査と言われる一般X線撮影装置、胃透視などのX線検査を行う寝台装置(X線テレビ)、乳房専用X線撮影装置マンモグラフィー、CT(コンピュータ断層撮影装置)、 MRI(磁気共鳴画像診断装置)、血管造影診断装置があります。これらの機器を用い、症状や状態・用途に合わせた検査を行うことができます。また、フィルムを使用しない画像診断システムが一部の検査で採用され、よりスムーズな流れ、負担の軽減を目指しています。

当院では、地域医療連携としてこれらの検査を承っております。




CT ( コンピュータ断層撮影装置 )

X線を用いた検査のひとつで、コンピュータ処理することによって断層画像(輪切り)を得ることができます。マルチスライスCTの性能をいかし、微小な病変の検索を行います。胸部(肺野)など細かい情報が重要となるため、スライス厚の薄い画像が有効となります。また、 3D-AngioやDIC-CTなど3次元(立体)画像なども利用することは、検査としての幅を大きく広げるだけでなく、手術や治療にも役立てられています

MRI ( 磁気共鳴画像診断装置 )

強力な磁気と、ラジオなどで使用される電波を利用して体内の状態を画像として診断する検査です。脳(血管)、または、関節・脊椎などの検査を得意とします。薬剤(造影剤)を使用せずに血管だけでなく、胆道も描出できるなど、腹部の検査でもMRIは有効な検査として多く行われています。また、現在では、造影剤を用いた検査も多くなり、診断において重要な情報を得られるため、その役割は大きいです。
マンモグラフィー

乳房にX線を照射して行う検査でレントゲン検査のひとつです。乳房は柔らかく細かい組織からなるため乳房専用のX線撮影装置を使用します。この検査では、乳房をはさんで圧迫して撮影することで、乳房組織をより良く写しだし、他の検査では難しかった乳房の微小な病変の早期発見などを可能にします。




ピンクリボン運動
アメリカの乳がん検診啓蒙キャンペーンから始まったもので、胸にピンクリボン(バッジ)を付けることで乳がん検診への意識と関心をもってもらおうというものです。乳がんでは、早期発見・早期診断が以後の治療などに大きく影響を与えるため、定期検診が重要な役割を果たします。日本でも近年、増加傾向にあり、乳がん発症年齢は40歳から50歳がピークとも言われています。
(欧米では、60歳以上)

スタッフ

放射線科医師 1名(非常勤)
診療放射線技師 3名

熊本市立 植木病院熊本県熊本市北区植木町岩野285-29 TEL:096-273-2111 FAX:096-272-2117