令和元年度 熊本市植木 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 1 20 21 23 70 147 273 373 197
当院は急性期一般病床のみならず、地域包括ケア病床、慢性期療養病棟を有し、急性期からリハビリ、慢性期医療まで担う地域医療に密着した混合型の病院であり、小児を除いて幅広く対応しています。年齢的には地域の高齢化が進み、65歳以上の高齢者が多くの割合を占めます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 86 2.29 2.63 0.00% 68.15
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 80 44.34 20.84 6.25% 87.40
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 25 6.32 5.39 0.00% 57.56
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 19 18.11 7.42 0.00% 78.37
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし A-DROP スコア1 16 23.38 13.48 0.00% 89.25
内科では内視鏡的大腸ポリープ切除術や上部、下部消化管の炎症性疾患等の消化器疾患のほかに、高齢者が多いことから誤嚥性肺炎患者が多くみられます。また、糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病予防の啓発を含めて教育入院を行っており、多職種連携によるチーム医療を実践しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 55 39.58 17.71 1.82% 83.76
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1なし、1,2あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 22 11.05 4.40 4.55% 75.09
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 18 4.00 3.01 0.00% 70.56
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 16 4.25 7.56 12.50% 72.06
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 16 34.06 20.84 0.00% 83.69
弁膜症、虚血性心疾患、不整脈等をベースにした高齢者の心不全が多くみられます。高齢者のためリハビリを積極的に行っています。外科的な適応疾患であれば、心臓血管外科を有する施設に紹介しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 39 47.67 19.40 5.13% 82.74
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 21 55.14 25.94 19.05% 86.86
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術処置2なし 16 46.31 19.59 6.25% 82.31
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病名なし - - 14.43 - -
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術処置2なし - - 17.22 - -
高齢者の骨折が多い現状を鑑みて、令和元年度から骨折等の外傷に対する手術体制を整えました。同時に、骨密度測定や骨粗鬆症治療を行い、高齢者の転倒骨折の予防の啓発に努めています。また、高次医療機関からの転院を受け入れ、リハビリを積極的に行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 17 9.88 4.85 0.00% 73.59
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 15.02 - -
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 16.12 - -
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 9.68 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 20.84 - -
消化器外科専門医により、腹腔鏡を含めて消化器疾患に対する手術を行っています。患者さんの状態やリスクにあわせて対応していますので、症例によっては大学病院等に紹介し、術後の化学療法や緩和医療を並行して行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 20.84 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 7.34 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 11.86 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.13 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2なし - - 6.22 - -
脳神経外科専門医が常勤しています。緊急性を要する脳外傷、脳梗塞、脳出血など初期対応を行い、必要であれば、高度専門施設への搬送を行い、緊密な連携を行っております。また、急性期治療が行われた患者さんのリハビリも積極的に受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - 10 10 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器外科と内科の連携が良好であり、症例に応じて開腹術や腹腔鏡下での手術を行っております。令和2年度から消化器内科医3名となり、積極的に消化器疾患に対応しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 23.89 87.45
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
基礎疾患を多数有する高齢者の肺炎が多くみられます。感染対策委員を中心にして抗生剤の適正使用など担当医の相談にのり、嚥下訓練、摂食機能療法など医師、看護師、理学療法士、言語聴覚士、栄養士、薬剤師等の多職種連携によるチーム医療として高齢患者さんに対応しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 10 53.90 85.30 0.00%
その他 10 81.10 77.80 15.00%
脳神経外科医が常勤しており、脳梗塞に対し初期対応し、必要に応じて高次医療機関に紹介しています。高次医療機関からの紹介で亜急性期に当院にてリハビリを行い、在宅復帰に向けたお手伝いを行っています。また当院は地域包括ケア病床と、訪問看護ステーションを有しており、在宅復帰を目指す患者さんをサポートしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 92 0.13 1.21 0.00% 68.83
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) など - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 など - - - - -
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - - - - -
内視鏡による大腸や胃のポリープ切除術を行っております。食事摂取が困難な患者さんには胃瘻造設を行い、在宅復帰に向けたお手伝いをしています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア など - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
鼠径ヘルニア、胆石などのほかに大腸がん等の悪性腫瘍の手術も行っており、症例に応じて腹腔鏡での手術にも対応しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 15 4.27 58.40 20.00% 86.93
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 - - - - -
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 など - - - - -
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 - - - - -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) - - - - -
令和元年度より、整形外科専門医増員に伴い高齢者の骨折等に対応できる体制を整え、地域の医療に貢献しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの など 19 3.84 7.21 5.26% 73.11
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 など - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 など - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
令和元年度から循環器専門医増員により、心臓カテーテル検査・治療を再開し、地域医療に貢献しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - - - - -
K664 経皮的内視鏡下胃瘻造設術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの - - - - -
常勤の脳神経外科専門医により、脳疾患の初期対応が可能であり、血種除去術、ドレナージ術等は当院で施行し、地域の医療に貢献しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
重篤で専門的な集中治療が必要な症例は、高次医療機関に紹介し、タイミングを逃さないようにしています。
更新履歴