平成30年度 熊本市立植木 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 2 17 12 27 72 123 221 341 189
当院は地域の急性期医療からリハビリ、慢性期まで担っており、小児を除いて幅広く対応しています。年齢は地域の高齢化が進み、65歳以上の高齢者が多くの割合を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 80 2.61 2.67 0.00% 66.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 56 38.18 20.92 8.93% 86.80
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 31 8.42 5.42 0.00% 64.55
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 26 12.77 7.40 7.69% 74.58
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 20 14.20 10.08 0.00% 76.15
内科では内視鏡的大腸ポリープ切除術や上部、下部消化管の炎症性疾患、胆管結石・胆管炎のほかに、高齢者が多いことを反映し誤嚥性肺炎の患者が多くみられます。また糖尿病の教育入院、脂質異常症など生活習慣病の予防は治療を積極的に行っており、医師・看護師・栄養士・薬剤師など多職種連携によるチーム医療を実践しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 31 41.16 19.61 0.00% 84.13
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病名なし - - 14.45 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術処置2なし - - 19.32 - -
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名あり - - 18.25 - -
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし - - 9.58 - -
整形外科では保存的加療とリハビリを積極的に行っています。手術が必要な場合は専門病院に紹介し、術後のリハビリを当院で行って在宅復帰までの道のりのお手伝いを行っております。高齢者が多いこともあり転倒による骨折を防ぐために、骨密度測定や骨粗鬆症の治療も行っております。さらに、令和元年度から新しいスタッフが2名加わり骨折等の外傷に対しては当院で手術を行う体制ができました。手術からリハビリまで一貫してできるように整えております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 11 5.73 4.96 0.00% 70.82
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 20.92 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 8.95 - -
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 13.63 - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 11.79 - -
外科は消化器外科を専門にしています。腹腔鏡下の手術も行っており、患者さんの状態やリスクにあわせて対応しています。症例によっては大学病院や専門病院に紹介し、術後の化学療法や緩和医療を行っております。さらに、令和元年度から熟練した消化器外科専門医が加わり積極的に当院でも手術を行う体制を整え、地域医療に貢献しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 26 26.27 17.66 3.85% 82.31
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 17 4.71 7.54 0.00% 71.71
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 10 28.10 20.92 10.00% 86.20
050210xx99000x 徐脈性不整脈 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 7.78 - -
050200xx99xxxx 循環器疾患(その他) 手術なし - - 7.25 - -
高齢者の心不全や不整脈の患者さんが多く、内服や点滴による治療とともにリハビリを行っています。カテーテルによる風船・ステント治療や不整脈に対するアブレーション治療は専門病院に紹介しています。さらに、令和元年度から熟練した循環器専門医師増員により当院でも心臓カテーテル検査・治療を再開し、地域医療に貢献しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 20.92 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 7.35 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術処置2なし - - 6.24 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし - - 12.58 - -
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 4.84 - -
脳神経外科専門医が常勤しております。緊急性を要する脳外傷、脳梗塞、脳出血など初期対応が可能となり、必要であれば脳外科専門の施設と連携し治療を行っております。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし - - 5.42 - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器系疾患は外科と内科の連携が良好であり、胃癌、大腸癌の症例は増加傾向で、症例に応じて開腹や腹腔鏡下での外科手術を行っています。肝癌は消化器内科でも治療を行っています。令和元年度から熟練した消化器外科専門医が加わり積極的に当院でも手術を行う体制を整え、地域医療に貢献しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 60 25.97 84.15
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
高齢者の肺炎が多く、基礎疾患を多数有することが多く、在院日数が長くなる傾向にあります。感染対策委員会の委員は適切な抗生剤使用など主治医の相談にのり、呼吸器リハビリ、嚥下訓練、摂食機能療法など医師・看護師・理学療法士・言語聴覚士・栄養士・薬剤師など多職種連携のチーム医療として患者さんの治療にあたっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 12 33.50 70.75 33.33%
脳神経外科専門医が常勤しており、脳梗塞に対し初期対応し、必要に応じて専門施設に紹介しています。急性期の治療後、当院にてリハビリを行い、在宅復帰にむけたお手伝いを行っています。また、当院は地域包括ケア病床を有しており、在宅や施設への復帰を目指しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 88 0.50 1.57 0.00% 67.41
K654 内視鏡的消化管止血術 など 14 1.29 14.43 7.14% 67.86
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) など 11 2.73 8.55 0.00% 71.91
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 10 5.50 14.80 0.00% 82.90
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) など - - - - -
内視鏡による大腸や胃のポリープ切除術等を積極的に行っています。総胆管結石などに対し内視鏡的に胆道ステント留置術や乳頭切開術など専門的治療を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) など - - - - -
鼠径ヘルニア、胆石などのほかに大腸の悪性腫瘍の手術も行っており、また症例に応じて腹腔鏡で行っています。令和元年度から熟練した消化器外科専門医が加わり積極的に当院でも手術を行う体制を整え、地域医療に貢献しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
脳神経外科専門の常勤医がおりますので、脳疾患の初期対応が可能です。慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術などは当院で施行しております。必要に応じて脳外科専門の施設に紹介します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
まれに発症がみられますが、専門的な集中治療が必要な場合、専門医療機関に紹介します。
更新履歴
2019/9/30
新規作成