平成27年度 熊本市立植木 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 30 37 40 94 199 302 445 173
当院は地域の急性期医療の一端を担っており、小児を除いて幅広く対応しています。救急車による受け入れだけでなく介護施設や近隣の開業医の先生からの紹介も多く、70歳以上の割合は男性64%、女性74%で、重症化しやすい高齢者が多く入院しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 97 20.10 14.34 2.06% 78.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 73 37.11 21.69 5.48% 88.62
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 48 32.50 15.35 0.00% 69.35
内科では肺炎の患者さんが多く、中でも医療・介護関連肺炎が多く見られます。次に多いのは高齢者による誤嚥性肺炎です。高齢者が多く重症化しやすいために、入院期間も長くなっています。また生活習慣病の指導や治療を積極的に行っており、特に糖尿病患者さんには、医師・専門看護師・薬剤師・栄養士などチームで合併症予防や治療に当たっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2 なし 13 5.69 5.50 0.00% 56.92
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 5.10 5.31 0.00% 73.50
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 3あり 定義副傷病 なし 6.67
外科では消化器外科を専門にしていますが、乳がんや甲状腺癌など多種多様な症例に対応していますので、上位3位の比率は低くなっています。悪性疾患に関しては、当院での検査終了後患者さんが納得ゆくまで十分に御説明させて頂き、その上で同意の得られた治療を行います。大学病院や専門施設に紹介することも多くあり、その後は「私のカルテ」等を利用して化学療法や緩和医療を行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 44 23.25 18.30 4.55% 83.70
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 14 29.57 14.34 7.14% 78.79
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 11 23.45 21.69 0.00% 86.09
高齢者が多いため心不全の患者さんが多く見られ、内服治療とリハビリを行っています。狭心症や心筋梗塞などでカテーテルによる冠動脈治療が必要な方は、大学や専門施設に速やかに搬送しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 33 61.64 21.52 0.00% 81.79
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病 なし 13 42.46 16.83 38.46% 86.46
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術処置2 なし 11 61.55 21.26 9.09% 84.00
高齢者の圧迫骨折による入院が多く、保存的治療とリハビリだけでなく骨密度測定や骨粗しょう症の治療も積極的に行っています。手術を必要とする骨折は専門病院に紹介し、術後のリハビリを当院で行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器系の胃癌・大腸癌・直腸癌は、従来の開腹手術だけでなく適応を選んで腹腔鏡下手術も行っています。大学や専門病院へ紹介した患者さんの術後は、当院での外来化学療法も可能です。乳癌や肺癌は積極的に専門施設を紹介しています。肝癌は内科(消化器内科)で治療中の患者さんが多く、ステージが高いのはそのためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 12.08 58.08
重症度 1 43 14.23 81.98
重症度 2 26 30.38 81.35
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
高齢者の肺炎が多く、基礎疾患も多様で重症化しやすく在院日数も長くなる傾向が見られます。感染対策委員による適切な抗生剤使用のチェックや、呼吸器リハビリや嚥下訓練・接触機能訓練など医師・看護師・薬剤師・理学療法師・栄養士などチームでの医療に勤めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 13 21.15 79.77 0.00
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
救急外来で診察することが多く、CTやMRIで急性期脳梗塞と診断された場合は、専門施設に速やかに搬送しています。その後の治療やリハビリは、当院の地域包括病棟の利用などで在宅や施設への復帰を目指します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など 110 0.79 1.72 0.91% 67.65
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 など 11 0.09 1.00 0.00% 68.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 10 3.20 9.60 10.00% 75.50
最も多いのは内視鏡による結腸のポリープ切除や粘膜切除術で、当日入院で、翌日退院が殆どです。高齢者の総胆管結石に対し、内視鏡下に結石を除去したりステントを留置なども行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 など
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
年間の外科手術件数は74件でした。その他に腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡下ヘルニア修復術、胃、直腸、乳腺の手術も施行しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術
K654 内視鏡的消化管止血術
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
ペースメーカー交換術は年に2から3件行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
敗血症1例、手術・処置等の合併症2例の合計3例がみられました。敗血症の1例は、93歳で腎盂腎炎の増悪による敗血症でした。合併症の2例のうち1例は他院での人工股関節術後の感染例でした。もう1例は当院術後の遺残膿瘍で、穿刺ドレナージで治癒しました。SSIの発生頻度などは、ICTチームで管理を行っています。
更新履歴
2016/9/28
新規作成